ガラス製温度計、密度浮ひょう、気象用計器メーカー

校正について

株式会社安藤計器製工所 計量校正研究所では、「校正実施手順書」に従い国家標準からつながる常用参照標準器および実用標準を用いて温度計・密度浮ひょう等の校正を行い、校正証明書を発行しております。
正しい計量トレーサビリティの確保
平成20年3月27日、産業技術総合研究所は「計量標準総合センターが発行する基準器検査成績書をもって計量トレーサビリティの根拠とすることはできません」と(産総研 計量標準総合センター平成20年3月27日のお知らせ 参照)で発表しています。トレーサビリティ確保には「不確かさ」が国家標準につながっている当社の「JCSS校正」または「一般校正」をご利用ください。

JCSS校正について

計量法トレーサビリティ制度
JCSS(計量法トレーサビリティ制度)は国家標準にトレーサブルな「計量標準の供給」を目的とした制度です。以前は温度基準器として産業技術総合研究所が直接ユーザ様向けに校正を行っていました。平成5年11月に施行された改正計量法により、産業技術総合研究所がユーザ様向けに直接行う基準器校正は今日、ほぼなくなりました。それに代わり登録/認定事業者によるJCSS標準器校正がはじまりました。(トレーサビリティ制度のはじまりです。) 登録/認定事業者である安藤計器製工所で行うJCSS校正は今までユーザ様に対して国家(産総研)で行っていた基準器検査の代わりに行う内容になります。
国際MRA対応事業者
安藤計器製工所は国際MRA対応事業者です。(MRA=Mutual Recognition Arrangement国際的な多国間の相互承認)校正結果(JCSS校正)が国際的に原則として受け入れられることになります。
・ILAC/ APLAC/ MRA 参加国および地域数:118 (2016、10、13現在)
密度浮ひょう等:特定標準器から被校正品へのつながり
JCSSマーク
JCSS(Japan Calibration Service System)登録/認定事業者(安藤計器製工所)にて「JCSS校正」された温度計・密度浮ひょう等には「JCSSロゴマーク付MRA対応校正証明書」を発行します。(産業技術総合研究所推奨) ご注文・お問い合わせの際は、「JCSS校正」とご指定ください。 「JCSS校正証明書」は計量法において国家標準までトレーサビリティ体系が確保されていると認められています。 そのため、通常は「トレーサビリティ体系図」や「校正に使用した上位の標準器校正証明書の複写」は必要とされていません。(必要な方には別途有償にて発行しております。) ななお、「一般校正」も今まで通り行っております。ご利用ください。
他社製品も校正可能です

JCSS認定証・登録証

JCSS認定証・登録証

基準器をお求めの方へ(産業技術総合研究所における校正)

平成10年11月1日より計量法における基準器検定を受けることができる者が制限されました。  
また、現在では「計量標準総合センターが発行する基準器検査成績書をもって計量トレーサビリティの根拠とすることはできません」と産業総合技術研究所が発表されています。
産総研 計量標準総合センター平成20年3月27日のお知らせ 参照
基準器(基準ガラス製温度計・基準密度浮ひょう・基準酒精浮ひょう・基準重ボーメ度浮ひょう)を取得
できるのは以下のところです。(基準器検査規則第二条 簡略)
@都道府県知事(計量検定所)
A温度計または密度計等浮ひょうの届出製造事業者・体温計の指定製造事業者(メーカー)
B計量士が温度計または密度計等浮ひょうの検査を定期的に行い、検査記録がある適正計量管理事
 業所(民間)
※上記の@〜Bのどれかに当てはまる方は基準器をお買い求めいただけます。ご照会ください。
※それ以外の方は上記のメーカー校正またはJCSS校正よりお選びください。