ガラス製温度計、密度浮ひょう、気象用計器メーカー

最高最低温度計について

<U字型最高最低温度計>
 最高温度と最低温度の差を示すことから、通称「示差」と呼ばれている温度計です。一本の温度計で一定時間内の最高温度・最低温度及び現在温度を測定することができます。U字型をしたガラス管内に感温液としてクレオソート液が封入され、虫と呼ばれている指標を動かすために水銀が使用されています。温度の変化と共に水銀柱が虫を押し上げて最高温度最低温度を示します。
 いったん押し上げられた虫はその後の温度変化による水銀柱の動きからとり残されるように製作されております。したがって最高温度は右目盛、最低温度は左目盛によって虫の下端を読み取ります。又現在温度は水銀柱の頭部にて読み取ることができます。

                      

用途
 観葉植物育成・育苗・温室・ビニールハウス等の温度管理・鉄道・土木建設・学校気象教材用等広範囲にご利用できます。
取扱い方
 製造にあたって入念に加工されていますが、構造上毛細管が太いため、運搬中の振動等のショックにより水銀柱が切れることがありますが温度計上部をしっかり持って強く二・三回振り下げますと水銀はつながります。