ガラス製温度計、密度浮ひょう、気象用計器メーカー

  1. トップページ
  2. 標準温度計
  3. 0.01 デジタル標準温度計
  1. デジタル温度計
  2. 0.01 デジタル標準温度計

0.01デジタル標準温度計

  • 水銀ゼロ対策品。
  • 水銀の標準温度計からの代替品。
  • 分解能0.01℃の白金デジタル温度計。
  • 白金測温抵抗体Pt100(クラスA:4線式)高精度センサを採用。
  • 校正証明書(一般またはJCSS)対応。
  • 再校正対応。
  • 標準センサ(1本)が付いています。
  • ご希望の温度で校正可能です。お問い合わせください。
  • 更新日:2017/01/29

・ MORE INFORMATION

表示イメージ
センサイメージ

仕様

 種類 製品No. 検査・校正 温度(℃) 分解能 検査成績書付
価格(税抜き)
校正証明書 一式付1
価格(税抜き)
JCSS2
校正証明書付
 極低温用 ADS-100-Z -70、-50、-30、-10、0℃ 0.01℃ オープン オープン オープン
 低温用 ADS-100-Y -50、-30、-10、0、+20℃ 0.01℃ オープン オープン オープン
常温用 ADS-100-X 0、20、50、80、120℃ 0.01℃ オープン オープン オープン
 常温用  ADS-100-XⅡ 0、20、40、60、80℃ 0.01℃ 参考¥50,000 オープン オープン
 中温用 ADS-100-W 0、40、80、120、160、195℃ 0.01℃ オープン オープン オープン
 高温用 ADS-100-V 0、200、240、280、320、350℃ 0.1℃ オープン オープン オープン
広範囲用A  ADS-100-U -50、-25、0、50、100、150、195℃  0.01℃ オープン オープン オープン
 広範囲用B  ADS-100-T 0、50、100、150、200、250、300、350℃  0.01℃/0.1℃ オープン オープン オープン
1 校正証明書一式 : 校正証明書 + トレーサビリティ体系図 + 校正に使用した標準器の校正証明書のコピー
2 JCSS校正証明書 : JCSSロゴマーク入り校正証明書が付いています。
                上位の標準器校正証明書のコピーやトレーサビリティ体系図は提供可能です。(有償)
3 分解能は-99.99~199.99℃まで0.01℃(+200℃以上は0.1℃)

製品名 ADS-100シリーズ 0.01デジタル標準温度計
価格(税抜) オープン価格(ADS-100-X 常温用 検査成績書付 参考価格:¥50,000)
本体部
温度表示範囲 -99.9~850.0℃
表示分解能 0.01℃(at -99.99~199.99℃)
0.1℃(at 200.0~850.0℃)
本体
表示精度
±(0.1%+0.05)℃
標準センサ
測定温度精度
±(0.15+0.002ltl)℃ Pt100(クラスA)4線式
表示サンプリング 約0.5秒
本体機能 最高温度(MAX)メモリ、最低温度(MIN)メモリ
HOLD(表示固定)機能、偏差(REL)値表示機能
REC(データ記録)機能、REC値データ読み出し機能
分解能切り換え機能、ローバッテリーマーク
分解能切り換え機能、ローバッテリーマーク
材質 本体:抗菌ABS樹脂
液晶部:ポリカーボネイト樹脂
スイッチ部:ポリエステル樹脂
電源 単4形乾電池2本(マンガンまたはアルカリ)DC1.5V×2本
充電式乾電池DC1.2V×2本 使用可能
電池寿命 連続使用 約500時間以上(アルカリ乾電池使用時)
寸法 W54×H172×D40mm
質量 約150g(乾電池含む)
付属品 ・取扱説明書 ・単4形アルカリ乾電池 2本 ・標準センサ1本
・ネックストラップ 1本 ・本体ビニールケース 1枚

標準センサ 
測定温度範囲 -99.99~400℃
測定温度精度 ±(0.15+0.002ltl)℃
Pt100(クラスA)4線式
検知部形状 φ3.2、ℓ=150mm 先端丸形状
材質 センサ検知部 SUS304
センサ握り手部 SUS304
コード長 1m
防水性能 JIS CO920-2003 保護等級7

特長

安定性・再現性
 センサプローブは、温度センサに白金測温抵抗体(Pt100:4線式)を使用。
測定値の安定性・再現性に優れています。付属のセンサはA級です。
 <温度に対する許容差> 
高分解能表示
 本器は、-99.99~199.99℃の温度範囲で、表示分解能は0.01℃です。
それ以上の温度では自動的に0.1℃表示分解能になります。
REC機能
RECキーを押すことでRECモードになり、温度値を最大128データ記録することが出来ます。
記録したデータは後から画面表示を行うことができます。